技術力の理由

羽衣電機では、社員一人ひとりが、高い技術力を基盤としてお客様企業の生産性向上につなが
る技術提供を行えるよう、日々努力を積み重ねています。オンリー1 の技術を目指す羽衣電機
株式会社の“技術力の理由” をご紹介します。

生産設備、インフラそして研究用途と多様な技術ニーズに対応!

当社では長年にわたり、コイルに関する技術力の蓄積と進化発展を全社的に推し進めています。設計から製作まで全て自社で行う自社製品開発にも積極的に取り組み、ユーザー視点での技術開発マインドも浸透。使う人のことを考え、品質・価格ともに最適化された製品開発ができることから、大学の研究室や民間の技術研究機関からの試作品のご依頼や、開発協力の依頼も後を絶ちません。


外部技術者による高レベルかつ即効力のある教育訓練

現会長が20代の時に始めた、外部の技術者の方を招聘しての技術指導。当社の技術力向上の根幹です。大手電機会社OBで長年にわたり現場の最先端で技術開発に携わってきた技術顧問をはじめ、当社の様々な人的ネットワークにより、各分野の専門家の先生方が、当社社員にむけて高レベルな技術指導を行って下さっています。
講義だけではなく、実際に直面している技術課題や開発案件をテーマに実践的な技術指導を行っていただいています。社員にとっても貴重で恵まれた機会が多々あり、当社の独自技術の構築やノウハウ蓄積にもつながっています。また部署を隔てず参加できるため、社員一人ひとりが意欲的に専門性を高めることができています。


見える化・仕組み化に積極的に取り組み常に改善

今、目覚ましい進化を遂げている羽衣電機。社員一丸となってよりよい会社とするべく工場や会社の仕組みや制度を作り上げています。5S などの身近なテーマから、工程の見直しまで今まで当たり前であると思っていたことを敢えて見直し、改善の余地がないかを研究しています。実際に、社員はもちろん、工場にご来社いただくお客様も実感されるほどに日々変化を遂げています。一人ひとりの意見が反映され、より良い品質の製品をより生産性高くご提供できるよう、工夫に工夫を重ねています。


あらゆる取り組みで技術の継承&組織としてのノウハウ構築

当社は属人的に技術をため込むのではなく、会社として組織として熟練技術者の高レベルなノウハウが蓄積されるような仕組みづくりを大切にしています。顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する国際規格ISO9001 の取得もその取り組みの一貫。会社の資産を高める為、全社員参加の研修も実施し、その中で出た提案のルール化、風土づくり、人づくりによって、技術の継承と組織としてのノウハウ構築に努めています。


「できない」を「できる」に変える行動

これまで、私たち製造業は様々な経営環境を乗り越えてきました。良い時も悪い時もありますが、どんな時も「できない」言い訳を考えるのではなく、「できる」方法を考え実現してきました。お客様のご要望、課題、悩みはさまざま。出来ないと諦めるのではなく、出来る方法を考え、何とか期待に応えるのが羽衣電機。社員一人ひとりに浸透したそんなマインドが日々のお客様の信頼と期待に繋がっています。